気になったニュース: Sweetest Heart

2015年06月27日

最高裁、同性婚認める 禁じる州すべて違憲に

【ワシントン=小雲規生】米連邦最高裁判所は26日、同性婚の是非をめぐる裁判で、同性婚は憲法上の権利であると認める判決を下した。この判決によって、州が同性婚を禁じる法律はすべて違憲となり、全米で同性婚が認められることになる。9人の判事のうち5人がこの判断を支持し、4人が反対した。

 最高裁は2013年6月、夫婦に対する税制上の優遇措置などを異性婚カップルにのみ適用していた連邦政府の結婚防衛法について違憲と判断。その一方で同性婚を禁止するか否かは州の判断に委ねられるとしていたが、今回の判決はこの立場を翻したかたちだ。

 米国では13年6月の判決を機に同性婚承認の流れが強まり、連邦高等裁判所などで同性婚を合憲とする判決が相次いで下されてきた。現在は37州と首都ワシントンで同性婚が認められている。


北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 13:56 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

NJ州でも同性婚合法化!

1422502_10202157643519849_1110598240_n.jpg
日系新聞ジャピオンより

また新たな州で同性婚が合法化されました。
同性婚による意見はいろいろあるでしょう。

私は嬉しいです。
周りにも笑顔が増えました ;-)





北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 00:49 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

同性婚禁止の法律は違憲 米連邦最高裁が判決

er41.jpg【ワシントン=中井大助】同性婚の是非が争われた訴訟で、米連邦最高裁は26日朝(日本時間同日夜)、婚姻を男女の関係に限定した「結婚防衛法」を違憲とする判決を言い渡した。米最高裁が同性婚の問題を取り上げるのは初めてで、同性愛者の権利に大きく影響する。


 米国では婚姻に関する法律が州ごとに異なる。同性婚は2004年にマサチューセッツ州が最初に認め、現在は12州と首都ワシントンで導入されている。一方、国レベルでは婚姻を男女の関係に限定した「結婚防衛法」があるため、州の法律に基づいて結婚した同性カップルでも、国の様々な法律では婚姻関係にあると認められず、配偶者としてビザの発給や税金の控除などを受けられない。

 最高裁で審理されている二つの訴訟は(1)州が同性婚を認めているにもかかわらず、結婚防衛法によって不利益な扱いを受けている(2)いったん同性婚を認めたカリフォルニア州が住民投票の結果を受け、禁止に戻ったため結婚できなかった――という内容。一、二審はいずれも同性婚の権利が認められ、結婚防衛法やカリフォルニア州の禁止が違憲とされた。

朝日新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000042-asahi-int




すごい!米国で6番目となったニューヨーク州で同性婚が合法化されたのが2011年。
今回、同性婚の禁止を違法とする判決を

米 最 高 裁


が下したわけだからただごとではない。
同性婚を禁止したらあかん、ってことだからね。
これってすごいことだよね。


北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 00:56 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

医療技術の進歩

産まれた頃から聴覚に障害を持っていた女性が最新の聴覚器機によって29歳で生まれてて初めての音を体感した時の様子。




すごい!

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 12:20 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

ヒップホップ世界大会でトップになった日本人ダンサーたちがすごすぎる件。

ヒップホップの世界チャンピオン大会が先日ラスベガスで行われ、沖縄出身の日本人グループSol-T-Shineが見事に優勝したそうです!そのダンスが素晴らしい。鳥肌たちます。何度も何度も見ています。



いやぁーすごい。AMAZING!これだけのレベルの作品を仕上げ、本番で発揮できるまでには並大抵の練習と努力と精神力では成し遂げられないと思うんですよ。元体育会系としてはそういうのを考えると感動も何倍にも膨れ上がって涙ホロリ。



世界一おめでとうございます!



北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 00:56 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

聞こう。



北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 16:34 | ニューヨーク ☁ | Comment(1) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

涙が止まらない。おめでとう!そしてありがとう!



20110718-00000034-jijp-000-view.jpg

嬉しい。
おいどんは嬉しくってしかたない。
体育会系として、
日本人として、
女子として、
これ程嬉しいニュースはない。
チームの皆さん、とっても格好良かった。
感動を、夢をありがとう。
涙。なみだ。ナミダ。
愛してるぜ!



北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 13:38 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

辞めてくれてよかった。




松本復興相辞任のニュース。
当たり前だ。

宮城県知事との会談でのあの言葉とあの態度。
なんだ、あれ?
「何もしないぞ」?
なにがオフレコだよ?
怒りを通り越すよ。
あんな奴が大臣だったわけ?

海外に住み、選挙権がない私が日本の政治に偉そうなことは言えないが
これはあんまりにもひどすぎるだろう。




北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 13:37 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ニューヨーク州、同性婚合法化!

ニューヨーク(CNN) 

ニューヨーク州上院は17日、同性間結婚を合法化する法案の審議を行った。

同法案は15日夜に同州下院で可決された。上院では、共和党議員らが法案可決後に同性婚に反対する宗教団体が提訴されるなどの「意図せざる結果」を招きうるとの懸念を示し、採決が先延ばしされている。

現在、上院では2人の共和党議員を含む31人の議員が同法案に賛成しており、共和党議員がもう1人賛成に回らなければ可決できない。同法案を提出したクオモ同州知事は、同法案が可決されれば、同性カップルに対しても、結婚する権利のみならず「現在は異性婚カップルにしか与えられていない多くの権利、給付、保証」を与えられると主張する。

しかし、反対派の人々からは、同法案は伝統的な結婚の定義を損なうとの批判の声が上がっている。最近では、元NFLニューヨーク・ジャイアンツ選手のデビッド・タイリー氏が、同法案が可決されれば「米国は無政府状態に向かって動き始める」と発言し物議を醸した。

しかし、最近の世論調査ではニューヨーク市民の58%が同性間結婚を支持しており、有権者の25%以上が同性婚問題を家賃規制法の延長問題と並ぶ最重要課題の1つに挙げている。

ニューヨーク州では2009年にも下院で可決された同性婚合法化法案が上院で否決されている。しかし、2008年には控訴裁判所が「他州で結婚
した同性婚はニューヨーク州でも認めるべきだ」との判決を下している。

現在、米国内ではマサチューセッツ、コネティカット、アイオワ、バーモント、ニューハンプシャーの5州とワシントンDCが同性カップルに結婚許可証を発行している


えがった、えがった!


エンパイアもこの通りレインボー!

empire-state-building.jpg
ニューヨーク ニューヨーク


北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 14:13 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

救援体制が発展途上国以下の日本

【東日本大震災関連情報】

米「タイム」が指摘 日本の支援は途上国以下

【政治・経済】

2011年3月24日 掲載

来日した外国人医師は診療できず…

 日本の救援体制は開発途上国以下――。
22日、米誌「タイム」(電子版)がこんな批判的な記事を掲載した。
「官僚機構が救援を遅らせているのか?」というテーマで、
「日本よりはるかにインフラ整備が遅れている開発途上国でさえ、災害発生から4日もたてば援助物資が被災民の手に届く。だが東北では10万人の自衛隊が救援活動を行っているにもかかわらず、援助物資が届くのに恐ろしいほど時間がかかっている」と指摘した。


 同誌は日本の入り組んだ官僚機構に問題があり、規制好きな国民性が“合法的な壁”として立ちふさがっているとして、以下の実話を挙げている。日本の船会社が湾岸地域に救援に向かうコンテナ船をヘリの着陸用に提供すると申し出たが、政府は船会社に正式な資格がないことからこの提案を断った。来日した外国人医師団が患者の診察を申し出ても、日本の医師免許がないという理由で門前払い。医師らは医療行為ともいえない最小限の援助活動をするしかなかった。政府は地震から6日後の17日になって外国人医師の医療行為を認める方針を打ち出したが、遅きに失したといわざるを得ない。


 また、海外から高齢の被災者のために薬品が寄付されたが、日本の行政当局が承認していないという理由で現地に届けることができなかった。輸送業者は許認可特権を持つ官僚ににらまれるのを恐れて表立っては口にしないが、不満タラタラで物資を運ぶ許可を待っている。寄付された物資は地震と津波の数時間後には東京に届いたのに、いまも倉庫に眠っているというからバカげた話だ。もちろん、政治家がその気になれば、こうした規制を取っ払うことができる。官僚機構と政治の怠慢が被災者を見殺しにしたといえそうだ。

以上Gendai.netより




規制?合法?
そんな事、言っている場合か?
避難所で家族を失って辛い思いをしている人や、
十分な食事や物品もなく、
寒さに凍えて亡くなっている人が続出しているというのに
コンテナ船に正式な資格がないからとか
外国から助けに来た医師には日本の医師免許がないからと門前払い?
なんだよ、それ?
怒りがこみ上げる。



沖縄の兄のところに避難中の母から父が無事宮城の実家に到着したとメールがきた。無事に物資を届けられたらしい。ミクシィでは横浜に住むいとこが宮城へ食品などを2度にわたって送ったと言っていた。いずれも無事に思ったよりも早く到着したとのこと。


東北を中心にまだまだ余震が続いている。
一日も早く皆が安心して過ごせる日が来ますように。


北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 03:54 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ゲイの男の子

ここ最近、アメリカでわずか数ヶ月の間に6人の若い男の子(確か一番若い子は13歳)が学校や家庭でゲイということが理由でいじめや虐待にあい、それを理由に自殺しました。まだまだ同性愛に対する偏見やバッシングはあり、これからも完全になくなることはないかもしれない。しかし、同性同士の結婚が合法的に認められている州や国が実際に存在している今のこの世の中、そろそろ否定ばかりでなくて、もう少し社会や家庭、ひとりひとりが個人レベルで同性愛を理解しようと努力すべきなのではないだろうか?

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 06:10 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

予防接種は本当に予防なのか?

IMG_0961.JPG

日系新聞ジャピオンから気になるニュース。
インフルエンザの予防接種にはいろいろな意見があるようですが。

まず、日本で生まれ育った私は予防接種を受けるか受けないかの選択はなかったはず。それともあったのかな?
受けなければならないものだったはずで、今もそれは変らないはず。

と思って調べたら、今は日本での予防接種は
“義務”から“努力義務”へと変更された、そうです。

夫は、むやみに、言われるがままに予防接種などを受けるべきではない!という意見。現在日本では受けるか否かの判断は保護者にゆだねられます。とのこと。

よく、予防接種を受けさせない親は失格だ・・・ などという心無い言葉を耳にしますが、決してそうではありません。

予防接種を受けることによって起こり得る事故(副反応)の可能性と受けなかったことで罹ってしまう病気の可能性を天秤にかけ、どちらを選ぶことが子供にとってより良いことか・・・を判断するのが保護者(親など)の務めなのです。
とは こちらから抜粋させていただきました。






北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ



北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 11:07 | ニューヨーク 🌁 | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

Bruno

IMG_1104.jpg

Boratに続いて
またやらかしてくれた模様・・・
見なくちゃ。


北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ





北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 13:07 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

おかしいよね・・・

丸腰…50発銃撃に衝撃 NY市警、結婚式直前の黒人男性射殺

【ニューヨーク=長戸雅子】ニューヨーク市のクイーンズ区で結婚式を控えた黒人男性が市警の5人の警官から約50発もの銃撃を受けて死亡する事件があった。男性とその友人が銃を持っていると早合点した警官の発砲が発端とみられ、事態を重視したブルームバーグ市長は27日、地区の有力者らを招いた緊急会合で事件の徹底調査を約束した。

 死亡したのは同区に住むショーン・ベルさん(23)で、事件は25日未明、ベルさんが、友人と独身最後の夜を楽しむという米国の風習「バチェラー・パーティー」のため、ストリップ・クラブを訪れた際に発生した。

 AP通信によると、ベルさんと数人の友人らは店を出たところで口論となり、友人の1人が「銃」に言及したことから、店にいた私服警察官が追跡を始めた。ベルさんらが車に乗り込んだところで、私服警官の1人が車の前に立って制止しようとしたところ、ベルさんらが、車にぶつけたうえ、警官の方に発進したため、いっせいに50発の乱射となったという。31発も1人で発砲した警察官もおり、死亡したベルさんに加え、友人2人も負傷した。ベルさんには婚約者との間に2人の娘がいた。

 市警は走行中の車両への発砲を認めるケースとして、「相手が車以外に殺傷能力を持つ武器を使用している場合」を挙げているが、ベルさんらの車から銃は発見されなかった。警官が発砲前に身分を明かしたかどうかもはっきりせず、ベルさんらは追跡される理由がわからないまま発砲された可能性もある。

 事件では50発にも及ぶ銃撃があったことに疑問と非難が集中。26日に行われた抗議デモを率いた黒人運動指導者のアル・シャープトン師は「私たちは犯罪者だけでなく警官にも悩まなければならない」と警察権力の行き過ぎを主張。ケリー市警本部長の辞職を求めた。

 地元紙デーリー・ニュースは「治安を守るはずの警官が丸腰の新郎を殺す結果になってしまった。米国で最も安全な大都市はまだ銃におびえている」と被害者・警官の双方が銃への恐怖からパニックに陥ったと分析した。

 ニューヨークでは1999年、ギニア出身の露天商の黒人男性が銃を所持していると警官に誤解され、41発もの銃弾を浴びて死亡。しかし4人の白人警官は無罪となり、抗議行動が起きた。今回の5人の警官は白人2人、黒人2人、ヒスパニック系1人だった。
(産経新聞) - 11月29日8時1分更新



とにかく信じられない。
何とも言いようのない怒りと悲しみが込み上げる。ニューヨークでは数千人規模のデモが行われたらしい。この社会は間違っている。犯罪者かどうかも確かではないのに1人で31発も発砲した警察官・・・。警察だからって許されないよ、今回は。国民の怒りは今後も広まっていくでしょう。

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 16:17 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

最近多いニュース

毎日メールをチェックする時に日本のニュースにも目を通している。ここ最近はいじめられて自殺をしてしまう少年少女と幼児虐待のニュースが驚くほどに毎日のようにあるけどどうなっているんだ?

子供を餓死させているバカ親とかは私が全く同じ事をそのまま奴らにして差しあげたい。信じられない。本当に信じられない。それから中学生とかで自らの命を絶ってしまうというニュース。もったいない。そんないじめる奴らのために死ぬなんてもったいない。まだまだいろんな可能性が未来にあったんだろうに・・・。

なんか辛いね。

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 09:13 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

「電気用品安全法」PSE法

いろんなところで話題となっているPSE法。これ、私も絶対反対です!話題のきっこのブログでその実態の詳細を知りました。mixiでもこれに反対するコミュがいくつかあり反対している人の多さを知った。要は、「中古の電化製品の売買と修理の禁止」とな。ヴィンテージ物の音楽機材とかももちろん対象。これが可決されてしまうと使い捨てがさらに多くなってゴミ問題や環境問題を悪化させるとも考えられるとんでもない法案じゃないかむかっ(怒り)!「障害者自立支援法案」もそうだけど、もー絶対におかしいよこんなの!何考えてるんだむかっ(怒り)

坂本龍一氏も反対の
電気用品安全法(PSE法)に対する署名



北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 03:46 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

お・め・で・と・う!

Arakawa-2.24.jpg

いやぁ〜荒川選手のパフォーマンス、本当に素晴らしかった!金メダルを取ったという話を聞いた後に彼女のパフォーマンスをVTRで見たんだけど、あの堂々としていいて優雅で美しい滑りは金メダルで当然といった貫禄十分なものだったと思う。現に私も見ていて彼女の確実な安定したジャンプの連続や身体のラインのしなやかさなど、彼女の完璧さに鳥肌が立った。とにかく見ていて美しかった。一緒にその模様を見ていたショーンは・・・。大泣き。ですたい。『オーマイーガーーーーーーーーーッ!!!そんな時、やっぱり彼はアーティストなんだと再確認したりする。というか繊細なのね。ガサツな私とは違って。あいやぁ〜・・・眠い(睡眠)素晴らしい人、演奏、映画などに出会った時とかにも物凄く感動する。それがアメリカ人特有のオーバーリアクションとはまた違うのだ。何だか情深い、心の底から込み上げてきてこちらももらい泣きしてしまうような演歌のようなアツイ感動の仕方をするのだ。アツイ、そう、彼はぴかぴか(新しい)アツイ男ぴかぴか(新しい)なのだ。フィギュアスケートの知識がない私たち素人がその滑りにここまで感動できたということはやはりそれは荒川選手が素晴らしかったからだと思う。

とにかく、とにかく、荒川選手 お・め・で・と・う!

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 15:08 | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

障害者自立支援法案阻止

ネット上のニュースでは読んでいた件で、たまたまmixiでこのコミュニティーがあるのを発見したので参加した。コミュニティーの説明に関しては以下コピペ。

「自立支援」とは名ばかりの、障害者切り捨て法案であ
る「障害者自立支援法案」 郵政民営化法案廃案に伴う衆院解散で、この法案も廃案 となりました。 しかし、選挙では自民党が圧勝、その余勢を駆ってこの法案も息を吹き返し、成立してしまいました。 10月31日。この日を胸に刻み付けましょう。

そして闘いもまだ終わってはいません!廃止・骨抜きのためにやれることはまだまだ残っているはずです。そしてより切羽詰った問題として、新制度下での障害者のよりよい生き方を考えていきましょう。

また、これからの障害者の「本当の」自立のあり方について考えていきたいと思います。

厚生労働省:障害者自立支援法案
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1.html

10/27 10/31説明文更新



このコミュニティー内では以下のような署名も集めている。

<障害者自立支援法の撤廃を求める署名>

衆議院議長 河野洋平殿
参議院議長 扇千景殿
厚生労働大臣 川崎二郎殿

 私たちは障害者自立支援法の撤廃を要求します。自立支援法は現在は無料か低額で行なわれている障害者の介助・医療に一割の自己負担を強いるものです。その額は事実上上限もなく極めて高額です。障害者の多くは月に66000円から80000円の障害年金で暮らしています。高額な一割負担では生活が成り立ちません。また、実質的な介護保険との統合が狙われています。介護保険では介護量の最高が一日4時間です。介護保険は介助の国家保障をなくし当事者の「自己責任」にしてしまうものであり絶対に反対です。自立支援法の次には国民の健康で文化的な生活を保障した憲法25条を改悪・廃止してしまい生存権保障を廃止しようとしています。私たちはこのような障害者自立支援法に反対し、撤廃を要求すると共に必要な介助・医療を全額公費で補償することを求めるものです。

障害者自立支援法撤廃署名運動実行委員会
連絡先:兵庫県西宮市上之町34-10 住田雅清

氏名「    」 住所「            」

(*第一次締め切り・2006年3月1日)

よろしくお願いします。


日本が障害者に対する知識も環境も完璧に発展途上国だというのはヨーロッパやアメリカへ行くととても感じることだ。皆が自分の事で精一杯でお互いをリスペクトする人が少ないとショーンが愚痴るこのニューヨークでさえ、日本よりも遥かに障害者に対しては優しい街だと思う。車椅子で移動する人なんて珍しくないし、バスは車椅子の人が乗れるように入り口の階段は自動的にスライドして低くなるし、バス内の席も折りたたんで車椅子が十分に停めることのできるスペースを作ることができるようになっている。街の人々も障害者の人々を特別に扱っているのではなく、あくまでもそうすること(助ける・手を貸す)が自然という感じでその様子が普通に日常に溶け込んでいるといった感じ。とにかく今回のこの法案、知れば知るほど障害者の方々にとっては不利な条件が多いのだ。私が偶然このニュースを見つけたように、知らなければわからないわけで、その事に関して考えることもないわけで。少しでも多くの人に知ってもらえればと思い、記事にしてみました。

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ゴリエ

g060144l.jpg


人気タレント・ゴリエが、地球温暖化防止運動「チーム・マイナス6%」の“応援団長”に任命された。温室効果ガス・CO2の排出量6パーセント削減を目指す国民的プロジェクトで、小池百合子環境大臣から任命証を渡されたゴリエは「CO2を吸収して酸素を出す“光合成芸人”になります!」と宣言し、小池大臣を苦笑させた出席者:ゴリエ、小池百合子環境大臣 ほか


個人的に俳優などの有名人が突然と選挙に出たり政治に関ろうとするのはあまり好きではない。でも上記のニュースみたいに、こういう環境問題とかに若者に影響のある人物を取り入れて改革していこうという姿勢は好きだな、うん。

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

子供の世界

【ファンキー通信】学校で階層社会が本格化。人気者バトルロワイヤル?
 突然だが、“スクールカースト”という言葉をご存知だろうか? これは、最近、教育の現場で問題になっている、ある現象のことを表す言葉。古くからインドに深く根付き、いまだにその影響が強く残るといわれている階級制度「カースト制」になぞらえて名付けられている。今、学校にいったい何が起きているのだろう?

 実は今、中学や高校などで、クラスが人気を基準としたグループで分断されているというのだ。インドのカースト制に階級のピラミッドがあるように、スクールカーストにも、人気ピラミッドが存在するという。そのグループ分けは、「1軍、2軍、3軍」「イケメン、フツメン、キモメン」など、各学校やクラスによって様々な名前で呼ばれ、各グループ間の交流がほとんどなくなってしまう場合も多い。このような階層の分け方には、「おもしろい」「カッコいい」などの要素が最も重要だといわれている。

 まぁ、昔からクラスには勉強のできる子とできない子がいて、なんとなくグループが分かれていたりしたものだし、これだけを見てみると、さして深刻な問題ではないように思われる・・・。

 しかし、これが人気階層の中の下層者に対するいじめにつながり、不登校やひきこもり、さらには自殺の原因にまでなっているというのだ。いじめに遭う子どもたちは、階層が低いからという理不尽な理由だけでいじめられるため、対人恐怖症や人間不信に陥るなど、心に残る傷も深い。

 このような問題について、教育現場での対策は・・・?

 「このような現象がスクールカーストととらえられず、よくあるいじめだと認識されてしまう場合が多い。しかも、現在の教育界では学力低下や学級崩壊、学校の防犯対策など、取り組まなければならない課題が山積みです。そこまでなかなか手が回らないのが現状・・・」(児童相談窓口の職員)

 スクールカーストという言葉自体を知らない関係者も多く、もっと現状をよく知るところから始めなければならないようだ。

 大人社会でも富裕層と下流階層の二極化が問題になっているが、学校にまで階層があるなんて、嫌な世の中になったものだ。このような学生時代を過ごした子どもたちが、どんな大人になっていくか、考えただけでも怖くなってくる・・・。(石橋夏江/verb)

2006年01月24日00時08分 ファンキー通信 / 提供元一覧



今はまだ夫婦二人の時間を楽しもうと毎日ふたりの生活をエンジョイしているが、もちろん近い将来は子供が欲しいと思っている。いろんな価値観の人々と出会うにつれ結婚したからはい、子供という考えは薄れつつある。子供を持たないと決めている夫婦が意外に多いのも最初は驚いたものだ。もちろん私たちの周りにも両者いるわけで、それぞえの生活を拝見して私とショーンは将来の話をしたりもするわけだ。日本に仕事やプライベートで行っても住んだことのない彼はまだ日本の『いいところ』しか見てないんだと思う。英語でネット配信される日本のニュースを毎日チェックはしているけれど。それで、最近までは『子供を育てるのなら日本が良いのではないか』と言っていた。どれだけの情報を得てそう言ったのかはわからないが、私は言った。確かにアメリカの教育にいろんな問題はあるけど、日本だって同じだと。今では社会現象ともなっている若い男女が次々に集団自殺をしているのは何故か?競争社会の激しさが年々低年齢化している。アメリカだって同じ。貧富の差は広がるばかり。そんな時、上のニュースを読んだ。こんな環境が子供の世界にまで?!

はい、やっぱり将来はカリビアンにしよう!

北米在住の日本人によるブログ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

posted by たか at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts with Thumbnails

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。